DVは直接的な暴力ばかりではありません。
妻や恋人などへの不適切な力の行使です。
DVで使われる暴力の種類

DVする男性の多くは、妻や恋人があなたのことを好きでなかったり、よそよそしかったり、離れたり、何か攻撃的であったりすると彼女の変化を彼女のせいにしがちです。

浮気を疑ったり、誰かにそそのかされたのではと考えたり、妻や恋人として問題ではないかとイライラしたり、怒りがこみ上げさらに力を行使しがちです。どちらが正しいか証明しようとしたり、どちらが力が強いか試そうとしたり、他の原因を探ろうとしがちです。

しかし、彼女は長い間のあなたの態度行動に苦しみ、悩みながらもなんとかして対応しようとしてきたのです。そして今の彼女の状態はあなたとの関係性の結果です。

今まであなたが彼女に使ってきたやり方はもう通用しません。さらに彼女との関係性を壊し、彼女の心身を壊します。時には犯罪になることもあります。

彼女の回復を図りながら、彼女との新しい関係性を作り直しましょう。あなたの暴力に苦しんできた彼女の気持ちを感じてみましょう。そして、どのような行動が暴力なのか、またどのような行動が彼女を苦しめたか冷静に見つめてみましょう。そして新しい関係性を学びましょう。
DV防止教育センターではDVしてしまった男性たちのためのDV加害者プログラムを実施しています。

場合によってはすでに彼女は離れる決意をしていることもあります。その時は気持ちを整理して彼女の選択を応援しましょう。DV防止教育センターのDV加害者プログラムでは、DVやDVの影響などを学びます。そして仲間たちと話し合ったり、彼女の気持ちや影響を知ることで気持ちを整理することができます。
学ぶことで職場などの人間関係の改善などにも繋がったという方も多いです。

DVの問題で悩んでいる男性へ