DVをしてしまった男性の中には、「僕はむしろ被害者です」と言う人もいます。良く聞いてみると、彼女のために「仕事をしている」「家事も手伝っている」「~もしている」「~もしている」と言うのがいくつも出てきます。しかし彼女は僕に対して文句ばかり言います。そして「~もしません」「~もしません」といわれます。

私は「会社の先輩とか上司でいつも仕事を教えてくれて、食事もおごってくれる、お酒も飲ませてくれる。でも時々、いやみを言ったり、怒鳴ったり、殴ったりする。「感謝しろ」と言われる。そんな先輩や上司を信頼できますか、好きになれますか。」と聞きました。

・・・・「無理ですね」

信頼しあえる関係には暴力は存在しません。
暴力は相手の心と体を壊します。そして関係性を壊し、変質させてしまいます。

DVをしてしまった男性は①