デートDVは結婚していないつき合っている、恋人間のDVを言います。「力と支配」の構造はDVとまったく一緒です。結婚しているか、していないかの違いだけです。デートDVがおきていても周りの人たちは「結婚していないのだから別れればいいのではないか」と簡単に考えがちです。しかし、別れることは難しく大人のDVに移行する危険性があります。

デートDVする人は、つき合っている恋人に身体的暴力や性的暴力、言葉や精神的の暴力、経済的暴力で傷つけたり、これらのことをするといって脅したりします。このようなことを一度だけでなく何度もします。これはたまたま怒ったり、けんかしたりすることとはまったく違います。デートDVがおきている場合は、デートDVされる人が相手を怖がっています。

愛している相手からデートDVをされるということは、あなたの心と体と性を大切にしてもらっていないということです。愛し合い信頼しあう関係には暴力は決して存在しません。